ダイエットボクシングジム
   
 
 
 



■一般的に脂肪を燃焼させるのには有酸素運動を継続的に行い15分〜20分してからだと言われています。 ダイエットコースでは1時間前後の有酸素運動になっている為、何方でも抜群の効果が得られます。 食事のアドバイスはしますが制限などありません。

■有酸素運動
『有酸素運動』とは酸素を使い、脂肪をエネルギーに変えて消費する運動法です。 ウォーキングや水泳など長時間できる運動で軽く汗ばむぐらいです。 反対に、短距離全力疾走や重量挙げなど、舜発力をつかう運動は『無酸素運動』といって、脂肪はほとんど使わず、 筋肉や肝臓に蓄えられたエネルギー「グリコーゲン」を消費します。 有酸素運動を開始して15分〜20分ぐらい経過し体温が上がってくると、脂肪細胞で「リパーゼ」という酵素が働き、 脂肪が分解されはじめます。「リパーゼ」によって分解された脂肪は「遊離脂肪酸」となって血液中に放出され、 体を動かすエネルギー源として使われます。有酸素運動のメリットは全身の脂肪が均一に使用されるところにあります。

■サプリメント
脂肪燃焼を助ける代表的な『アミノ酸』は、「リジン」「アルギニン」「アラニン」「プロリン」の4種類で、 ダイエットするには欠かせない成分です。この4種のアミノ酸を摂取して有酸素運動をすると、 より効果的に脂肪を燃焼することが期待できます。 運動の約30分前に摂取することが理想とされています。
体内の脂肪燃焼に不可欠な成分 『カルニチン』 摂取した脂肪分は運動などの刺激によって体内で脂肪酸に分解されます。 この脂肪酸はそのままだと脂肪に再合成され皮下脂肪として蓄積されてしまいます。 そこで、活躍するのがカルニチン。分解された脂肪酸をミトコンドリアにあるエネルギー生産工場(クエン酸回路)に運ぶ働きをします。 クエン酸回路に運ばれた脂肪酸はエネルギーとして燃焼されます。 つまり、せっかく体を動かして脂肪を分解してもカルニチンが不足していると、 また脂肪に戻ってしまい意味がなくなってしまうということです。

■練習メニュー
ストレッチ(10分) → エアロバイク(20分) → シャドーボクシング(2R) → サンドバック(2R)  →  ミット打ち(1R〜) → パンチングボール(2R)  → エアロバイク(20分) →  腹筋、背筋、→ ストレッチ(15分)


 
 
 
   
 
   
 
   
 
   
 
   
   
 
   
   




 
 
  ・プロコース    ・アマチュアコース    ・フィットネスコース    ・ボクササイズコース    ・ダイエットコース    ・キッズコース 
 
 
このサイトに記載されている全ての事項の転載を禁じます。Copyright (C) 2014 Kitazawa Boxing Gym. All Rights Reserved