■エアボクシングとは
東日本ボクシング協会が発案し、2009年から行われるようになりました。 その内容は、いわば「対戦シャドー」選手は、お互いに向かい合ってシャドーボクシングを行い、 攻防技術やスピード、スタミナなどのトータルパフォーマンス力を競い合います。 選手は両手にバンテージを巻くだけで、ヘッドギアやグローブは一切つけずにリング中心のサークルを隔てて対戦、 勝敗は採点で決まります。もちろん相手にパンチを当ててはいけません。

エアボクシングの最大の魅力は、その楽しさ。打ち合うことがないため、小さなお子さんからご年配の方まで、 階級や性別も関係なく安心して「熱い戦い」を繰り広げることができます。 さらに、エアボクシングは楽しむだけでなく、3分を戦いきるためのスタミナ、的確なパンチのスピードなど、 その運動量は実戦のボクシングさながら。単なるパフォーマンスだけでなく、エアボクシングは新しいスポーツとして、 正式なルールが制定されています。

■ライセンスついて
エアボクシング大会に出場し、勝ち進み総合得点を加算することでC級〜A級のライセンスが決定します。 エアボクシング大会に出場できる選手は C級ライセンステスト に合格した公式ライセンス取得者です。
C級テスト・大会日程は エアボクシングホームページで発表されます。

取得条件
@ 原則、東日本ボクシング協会加盟ジム所属会員であること。
A 小学生以上の健康な男女。
B 過去にプロ・アマ問わず試合経験のない者。
C C級ライセンステスト 合格者。

■C級ライセンステスト
・1R目=自由演目[1分30秒] 4名同時にシャドーボクシングをおこなう。
・2R目=対戦シャドー[1分30秒] 各組み合わせ2名が対面に向かい合いシャドーボクシングをおこなう。

採点項目・・・評価基準
1.挨拶がしっかりできているか
2.攻撃・・・身体の使い方、パンチの打ち方が正確である。
3.防御・・・身体の使い方が正確で、明確な防御動作である。
4.ステップ・フットワーク・・・リズム感があり軽やかに、素早く足の運びができている。
5.バランス・・・動作全体が安定しスムーズな動きができている。
6.スピード・・・動作全体のスピードやキレのある動き。
7.スタミナ・・・パフォーマンスを維持しているか、手数がでているか。
8.相手を想定した動き(自由)・・・本当に相手がいるような機敏な動き(対戦) ・・・相手の動きに対して的確な動作ができている 。
9.パフォーマンス・・・全体的なパフォーマンス力。ダイナミックな動き。
10.フィニッシュブロー・・・ゴング後の静止状態が綺麗である。

■採点方法
一人のジャッジが2名を同時に採点。
2名合計120点満点/80点以上合格、相手に接触した場合は2点減点。
≪対面≫中心の輪を2回踏んだら1点減点。

 
 
 
   
 
   
 
   
 
   
 
   
   
 
   
   
 

 
 
 
・プロコース    ・アマチュアコース    ・フィットネスコース    ・ボクササイズコース    ・ダイエットコース    ・キッズコース 
 
 
このサイトに記載されている全ての事項の転載を禁じます。Copyright (C) 2014 Kitazawa Boxing Gym All Rights Reserved